農学の「学」としての空洞とは

農学の「学」としての空洞とは  みなさんは農学の構造上の欠落に、そのぽっかり空いた空洞に気づかないだろうか。本来その空洞を満たさなければならないものの重要さが放置されてここまで来てしまったのではないか。皮肉にも、それを構 […]

続きを読む →