201310291反5畝の田んぼからにこまる玄米500Kg

1反5畝の田んぼからにこまる玄米500Kgの収穫は多いか少ないか?
投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2013-10-29 17:52:23 (467 ヒット)

2013年10月28日に第15ほ場のにこまるの掛け干しを終え、ハーベスタで脱穀した。
午前9時から全力でハーベスターを動かし11時に終わった。この後藁の片付けや掃除で3時間ほどかかったが今年の米づくりはフィニッシュ!

1反5畝のにこまるを収穫するのに、箱苗20箱、箱苗防除ツインターボフェルテラ、初期除草剤パワーウルフ、ヘリコプター防除、トビイロウンカ防除薬スタークル、良作君、椿油搾り滓、溜め池管理費などの費用がかかった。

刈取りを前にして「トビイロウンカ」の被害で2割りほど枯れてしまったが、450坪のほ場を6ヶ月使って、キロ500円で販売したとして売り上げ250000円、費用を引くと20万円にしかならない。この20倍の作付け面積(約30町)で500万円程度の売り上げになるが、農協に出荷すれば半額にしかならない。

今はもらった田植機、中古のバインダーと脱穀機で5反の掛け干しをしている。来年は2町に作付けが増えるので、大型トラクター、田植機、コンバイン、乾燥機が必要だ。

それにしても米だけではなく農産物の値段が安すぎる。第一次産業の生産物をもっと高くすることを考えなければ、農業も漁業もそして畜産も林業も滅びてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です